雑誌VERYと展開 2人乗り電動アシスト自転車「HYDEE.B(ハイディビー)」 ブリヂストンサイクル株式会社 社員インタビュー 2回目

イメージを具現化させる

 

中森氏 「『HYDEE.B』のイメージは、マウンテンバイクやクルーザーバイクです。雑誌の編集長が熱心で、我々のデザインを見て話し合いながら次第にスタイル が明確になりました。絞り込まれたのが“ハンサムバイク”と呼ばれる、お父さんが乗っても違和感のないクルーザータイプです。読者層がマウンテンバイクを 経験した世代なので、太いタイヤにも抵抗がないんですね」

イメージを具現化させるために、それまでの電動自転車よりもデザイナーの役割が重要となった。大きく見えるが扱いやすいタイヤパターンの選定や、 丸いパイプを使いシンプルでスポーティーな形を追求するといった全体の印象づくりに始まり、パーツの細部に至るまでデザインの目を配る必要があった。

特にチャイルドシートについては、海外製品の流行も無視できなかった。ブリヂストンサイクル推奨のチャイルドシートはあるが、海外製を選ぶユーザーが多かったのも事実だという。そこには、“子どもを乗せてます”と強調する雰囲気を避けたいというユーザーの意識があった。

「日本の基準を満たそうとすると、チャイルドシートにはヘッドガード部分が必要で、高さが出てしまいます。海外製はコンパクトさが人気だったので、子ども の体格に対応しつつ、できるだけ小さく見えるようにデザインしました。こうした工夫の結果、従来のチャイルドシートに比べて軽くすることができて、全体重 量の軽量化にも貢献することができました。
また、ハンドルやガード部分、フレーム、荷台にも新規デザインを採用しています。チャイルドシートを取り外した状態でも格好良く見えるように、荷台の形状をタイヤや泥よけガードのカーブに沿わせるなど、徹底してまとめてあります」

機構や機能がそのまま外観となる自転車本体に対し、体にそった有機的な形のチャイルドシートのデザインには、椅子の考え方が必要だ。チャイルドシート本体は樹脂の一体成型なので、金型設計にも関わるなど、プロダクトデザイナーとして幅広い職能を発揮しなくてはならない。

また、強い希望だったのが、チャイルドシートのクッションだ。迷彩柄が安っぽくならないように、生地を探すところから着手し、クッション構造も変更。防水や経年変化へ対応するために生地メーカーの協力も仰いだ。

チャイルドシート

「最終的には社内での評価も得られました。チャイルドシートは今後他ブランドにも展開していこうと考えています。一車種のためのチャイルドシート開発は、通常では考えられませんが、コラボということと、編集部の熱意があってこそ成功したプロジェクトです」

絶妙なバランスを模索する

「カラーバリエーションについても、何度も組み立てながら検討しました。当初我々は、ハンドルまで全部黒くすることによって、全体が締まって見えるのでは と考えました。しかし実際に組み立ててみると、泥よけまで黒いものはアーミー感が強調されすぎてしまったのです。そこで、ツヤの質感で差をつけました。ま た、赤にはシルバー系を合わせるなど、バリエーションごとに組み合わせも変化させています。ランプだけ見ても赤は黒と違い、メッキ仕様を採用しています」

ライトは既成部品を流用したが、ポイントになる顔のような存在にするために、前フォークに直接取り付けずステイを長くして前に出した。ストレート タイプのフレームは、その細さを保ちながら肉厚な素材によって強度を満たし、できるだけまっすぐに見えながら跨ぎやすいバランスを追求した。ハンドルは運 転しやすさを考慮して、クルーザータイプに落ち着いた。大きめのハンドルをしっかり支えるために、太いステム部分が新しく製造された。 サドルは大きいほうが安定するが、あまり幅広すぎてもスポーティー感が損なわれるため、バランスを重視した選択となっている。

左)サドル、中)ステム、右)ライト

「組み立てて検討する時にも、雑誌編集部の方々から『ここをこうしたら良いのでは』と具体的に指示される訳ではありません。『もっと格好良く』、『もっとおしゃれに』などの抽象的な要望を、デザイナーとして形に反映させる能力が不可欠だと痛感しました」

トップへ戻る

マイページログイン

デジタルスケープに登録する